大容量ニチコンの蓄電池

神奈川蓄電池センターが販売するニチコン蓄電池は、高まる災害不安の対策に、電力の自給自足を目指す。コストパフォーマンスに優れた大容量モデル。新開発のリチウムイオン蓄電池搭載で、11.1kWhの大容量を実現しています。

地震などの災害対策に

いつ発生するかわからない地震や台風などの災害時、停電が続くとお年寄りや赤ちゃんのいる家庭では、暗くて暑くて寒くて不便な夜を長時間過ごす可能性があります。そんなもしものときでも、照明、冷蔵庫、テレビ、携帯電話の充電器など標準的な家電を最大24時間使用できます。常時3.3kWh(30%)の電力を通常時は使わずに非常時のために備えておく設定になっており、いつ停電が発生しても標準的な家電を約7時間使用し続けることが可能です。

経済モード

経済性を優先した運転を自動でおこないます。太陽光発電の電力は家庭内でしようし、余剰電力を電力会社に売電しますが、卒FITの方など、余剰してもあまり経済メリットがない方は、太陽光発電電力が不足する早朝や夕方以降に放電し、自家消費を推進します。

グリーンモード

太陽光発電と連携し、環境性を優先した運転を自動でおこないます。太陽光により発電した電力は家庭内で使用し、余剰分は蓄電池システムに充電して夕方から夜、早朝にかけて使用します。

​神​奈川蓄電池センター運営会社

株式会社横浜環境デザイン

神奈川県横浜市港北区新横浜3-18-20

フリーダイヤル:0120-048-808

​HP:https://ykd.co.jp/

​営業時間
テスラパワーウォ―ルご成約の方限定プレゼント企画

© 2019 by Yokohama Kankyo Design.,ltd