東京都は蓄電池購入時に補助半額を拡充予定です

東京都は、再生可能エネルギー社会の推進を掲げていますが、その一環として、卒FITで太陽光発電をやめてしまうのを食い止めるために、都は東京電力エナジーパートナーより数円上乗せした金額で余剰電力を買い取り、電力の地産地消を目指します。


また家庭用の太陽光発電の電気を停電時や夜でも使えるようにするために、蓄電池の普及にも力を入れ、今年度から実施している蓄電池購入時に半額を補助する事業を来年度は拡充しておこなう予定です。


太陽光発電の電気をムダなく賢く使うために、これから蓄電池はますます必要になってきます。停電時にも予め決めた電化製品に自動的に電気を送ってくれるので、災害時にも安心ですね。

6回の閲覧
​神​奈川蓄電池センター運営会社

株式会社横浜環境デザイン

神奈川県横浜市港北区新横浜3-18-20

フリーダイヤル:0120-048-808

​HP:https://ykd.co.jp/

​営業時間

© 2019 by Yokohama Kankyo Design.,ltd